FC2ブログ

漢方先生のちょっといい話

歌舞伎でドリフに想いをはせる

先日、キョンキョンが歌舞伎のチケットを手に入れたから一緒に行かない?と誘ってくれたので、あまり興味があるほうじゃなかったんだけど、こんな機会滅多にないので行ってきたよ!絶対に歌舞伎のセリフなんか聞き取れないし、ちょっとは勉強して物語を頭にいれていった。しかし始まる直前に気づく。演目が違うとなんと昼と夜で演目が変わるらしい。これはよわった。ガイド借りればよかった。半ばあきらめ気味で見始めたんだけど、...

モンドくんの展示にいってきた!

六本松の蔦屋にモンちゃんの展示をみにいってきたよ。 描かれた風景は本当に近所ばかりで、 あ、これあそこやん!ここはあそこ! なにげなく見ている風景だったけど、 ちゃんとわかる。お店とかはもちろん、 屋根が並んだ景色さえもちゃんとわかるのはすごいなー。 六本松が新しくなって、今までずっとかわらなかった 近所の景色もどんどんかわっていってさみし...

エンケンさんvsマツタケマン

エンケンさんをみたのは、最初ハイコレだった。それまでは、カレーライスを歌っている人だなというくらいの知識しかなく、まるでしらなかった。   最初にステージを見た時に、命を削るほどのステージに何かわからん涙がとまらなかった。しかも命を削りながら、その奥からマグマのようにドクドクとエネルギーが沸いて沸いて止まらんといったステージだった。演奏もすごいが、途中でドラムたたいたり、みえをきったりパフォーマン...

ついに漢方先生1stアルバムが発売されます!

自分でも信じられないことですが、とうとう漢方先生がバンドになって10年目にして初めての1stアルバムが出来上がりそうだよー! まだ工場にあるのでエラーがでたら間に合わないからドキドキです。 一番最初にとり始めたのは2012年ころか?w メンバーがやめたりはいったり、紆余曲折を経て またとりはじめたのが、ちょうど一年前。 周りのバンドがどんどん追い越してCDを発売するのを 涙目で見...

JANIS little girl Blue

※ネタバレをふんだんに含んでいるので、見に行く方は ご注意! 先日ジャニスジョプリンの「リトルガールブルー」を 見に行った。ジャニスは凄く好きなアーティストであり、 映画の内容よりも、大画面でジャニスの歌が拝めるのが 楽しみだった。実際映画中何度も鳥肌がたったし涙出た。 曲はサマータイムとか以外は割りとBGM的に小さめでちょっと がっかりしたけど、それでも彼女の凄さを感じるには充分だった。 「映画...

生き物バンザイ

そういえば真夏の夜の夢を見ているような楽市楽座に行ってきた。おでんと日本酒買ってスタンバイ 最初どこぞの言語かわからない言葉で演劇が進んで、話を読み解くのが大変だったけど、日本語になってからは、力強いメッセージ。 途中のゲストライブでは、響子ちゃんくるくる回る舞台に、ノーマイク、ノーアンプなんて先生恐ろしくて出れないけど堂々としたステージ流石でした! ご機嫌で飲みに行った先は、お勧めだという「鮭...

謎のホタルおいさん

夏が来る前、この季節になると気になる人がいる。家の近くに、自転車立ち漕ぎでも無理な坂、通称「地獄坂」がある。その坂の脇には底なし沼があるといわれる森がある。大型ゴミみたいなのは落ちてるわ、暗いわ、野犬は住み着くわで、横を歩くだけでゾクゾクする。夜は極力避けて通りたい道だ。その森は私の中で長年気味の悪い存在だった。何年か前から、その気味の悪い森をワクワクする森に変えてくれた男、それが謎のホタルおいさ...

月光のポリリズム

最近植物に魅せられている先生ですが、ぱちゅーむのシェリーが店に植物いっぱいあるから、店で飲みましょう!と誘ってくれ、お店にいってきた。実は新しくよもぎ蒸しなんかもできちゃうサロンを去年オープンさせていたシェリーちゃんお店は月光ビルという素敵な名前のビルの5階にあって隠れ家のような素敵なお店。はいったらすっごくいいにおいがする。観葉植物も沢山あって、丁度店に行く前に覗いた花屋で買おうかどうか迷ってい...

漢方先生のみんなが知っている話をどや顔で紹介するちょっといい話「麺道はなもこし」「へろへろ」

先日は「麺道はなもこし」の店主ひろは君が店で鍋しよう!と誘ってくれたので、久しぶりにはなもこしへ。久々に超絶にうまいはなもこしのラーメンを食べたかったが、鍋がまっているとぐぐぐっとがまんの子最後のお客さんが帰り、いよいよ鍋の登場!リクエストしていた豚しゃぶ!普段先生は前世がすもうとりなんじゃないかというほど家で鍋を食しているのだけど、もちろんながら全然ちがう!先生の超ケミカルな合成だしとくらべだし...

リアリティのダンスで答え合わせ

おすぎです!先日リアリティのダンスを見てきた。監督のホドロフスキーは私が一番好きな映画を作った人で、23年ぶりの新作。しかも私は今までの映画は劇場で見れていないので、(先日見たDUNEはドキュメンタリーだしね)大画面のホドロフスキー映画に胸が躍るのだった。感想は素晴らしかった。ただのんきに構えていると怪我をする。私はある程度ホドロフスキー映画のショッキングな映像には慣れていたのだが、物語の内容に大...