マッドなハウスは●ロでした

漢方先生

漢方先生

先日は
8年越しの思いを
持ちながらも、一度も
足を踏み入れなかった
お店にやっといけた!


ある日友達のシェリーが私にいった。


「今度先生の家の近くに
気になる店があるんです
けど、一緒にいきませんか?」


先生は彼女がそれを全部
言い終える前にいった。






「MADHOUSE
●IROやろ?」



シェリーは目を丸くして
ビックリしていたようだ。



そこしかない、



そこしかないと確信していた。





マッドハウス●ロ…





なにを思って
そんなネーミング…




家への帰り道
いっつもきになっていた

何故なら、
そんな素晴らしいネーム
に加えて、外からは中が
全くみえず、唯一ある
窓は手作りステンドグラス調で、めちゃ恐ろしい





「ムンクの叫び」





みたいなんが描かれていた。

そして風間●夫のポスター…

そして当時はドアに
まるでクリスマスのリースの如く

ブードゥ人形みたいな
気味の悪い民芸品が
ぶら下がっていた。

そして名前が



マッドハウス●ロ…


やばい



やばすぎる!




先生は1人で入る勇気が
まるでわかず、

気づけば8年がたっていた。



つづく…


関連記事
Posted by漢方先生

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply