マッドなハウスは●IROでした2

漢方先生

漢方先生

前回までのあらすじ

先生の近くにある店「マッドハウス●IRO」
8年間の

「気になる木」

を育てまくった先生はその扉をひらこうとしていたが
その前に・・・・・


  第2章
集まった有志3人で、
まずは腹がへっては戦が出来ぬということで
との事で先生(石井家)のマイボトルがある
近くの居酒屋へ。

ここは六本松でありながら
市場直送の魚が安くたべれて
とてもおすすめなのだ。

おすすめは

「豚の角煮にまみれたおむすび」




「しろモツ鍋!」


コーンポタージュのようなもつ鍋で
〆でちゃんぽんを追加するのだが、
厨房にいったんひきとられ、
もどってきたそれは
完全にカルボナーラになって
もどってくるのだ。



「よくぞ大きくなって帰ってきて」




と出迎えたくなるおいしさだ。

あっという間に石井家ボトルは空になった。


さあじゃあそろそろマッドな世界に行こうということで

向かったご一行

風間●夫のポスターはなけれど窓ガラスの



「ムンク」


は妖しい光をたたえて


「ゆやーんゆよん」

と揺れて見えた。


さあお昼の時間だ
それでは皆様 後ほど・・・・
























つづく・・・・


関連記事
Posted by漢方先生

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply